コロナ無料まとめ

新型コロナウイルス(COVID-19)情報/データセット/ソース

腕立て伏せのいろいろなフォームの実際の負荷を測ってみた

とある動画で自重トレーニングの負荷を体重計で計測するというのをやってたのだが、もうちょっと腕立て伏せのいろいろなフォームも知りたいなと思って測定してみたのでメモ。

腕立て伏せは上のときと下のときで負荷が変わるのでまずはその平均から。

 

体重:73.7kg

 

上下平均 [kg](体重比):

  • 腕立て伏せ:47.45(64.383%)
  • 腕立て伏せ膝つき:35.5(48.168%)
  • 腕立て伏せ腰曲げ:41.8(56.716%)
  • 腕立て伏せ四つん這い:28.8(39.077%)
  • 腕立て伏せ椅子:51.35(69.674%)

 

 

各フォームの説明:

  • 腕立て伏せ:普通の腕立て伏せ
  • 腕立て伏せ膝つき:膝をついた腕立て伏せ。負荷弱め
  • 腕立て伏せ腰曲げ:ヨガのダウンドッグのようなフォーム。肩狙い
  • 腕立て伏せ四つん這い:そのまま四つん這い。負荷かなり弱め
  • 腕立て伏せ椅子:椅子に足を上げた体勢。負荷強めの上部狙い

 

測定データ[kg](体重比):

  • 腕立て伏せ上:46.9(63.636%)
  • 腕立て伏せ下:48.0(65.129%)
  • 腕立て伏せ膝つき上:33.0(44.776%)
  • 腕立て伏せ膝つき下:38.0(51.560%)
  • 腕立て伏せ腰曲げ上:39.6(53.731%)
  • 腕立て伏せ腰曲げ下:44.0(59.701%)
  • 腕立て伏せ四つん這い上:27.2(36.906%)
  • 腕立て伏せ四つん這い下:30.4(41.248%)
  • 腕立て伏せ椅子上:50.7(68.792%)
  • 腕立て伏せ椅子下:52.0(70.556%)

 

参考:

シェルスクリプト/コマンドで祝日判定

休みの日もcrontabで平日用のメールが来て、シェルスクリプトで祝祭日判定できないかなと思ったら簡単にできそうだったのでメモ。

gcalをインストールして(Macbrew等、linux系は入ってなければソースから)、

$ gcal --holiday-list=short --cc-holidays=jp --highlighting=no | grep "$(LANG=C date +'%_d %b %Y')"

あるいは短縮オプション版で、

$ gcal -N -q jp -H no | grep "$(LANG=C date +'%_d %b %Y')"

grepがひっかかれば祝日。

例えば 11/3(文化の日) はこんな感じ。
Macはgdateかcoreutilsbrewインストールしてgdateが使える必要あり)

$ test `uname` = Darwin && date=gdate || date=date
$ gcal -N -q jp -H no 2018 | grep "$(LANG=C $date +'%_d %b %Y' -d 2018-11-03)"
Culture Day (JP)                         + Sa,   3 Nov 2018 =  +79 days

この例では法定祝日に限定しているが、それ以外も判定可能なので詳しくはgcalマニュアルinfo gcal参照のこと。

参照:

gnu sedでsnake_case、camelCase、PascalCaseの相互変換

# snake_case -> PascalCase
$ echo "hoge_hoge hoge" | sed -r 's/(\b|_)(.)/\u\2/g'
HogeHoge Hoge

# snake_case -> camelCase
$ echo "hoge_hoge hoge" | sed -r 's/(_)(.)/\u\2/g'
hogeHoge hoge

# PascalCase -> snake_case
$ echo "HogeHoge Hoge" | sed -r -e 's/([a-zA-Z])([A-Z])/\1_\l\2/g' -e 's/\b([A-Z])/\l\1/g'
hoge_hoge hoge

# camelCase -> snake_case
$ echo "hogeHoge hoge" | sed -r 's/([a-zA-Z])([A-Z])/\1_\l\2/g'
hoge_hoge hoge

macの場合はgnu-sedをインストールしてgsedで。

参考: